/

東証大引け 小幅反落 コロナ感染者増で利益確定売り、日銀買い期待は支え

9日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反落し、前日終値比7円47銭(0.04%)安の1万9345円77銭で終えた。朝方は米国株高を受けて買いが先行したが、国内で新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、経済停滞の長期化懸念から次第に売りが優勢となった。日経平均は今週に入り前日まで1500円超上げていたこともあり、利益確定売りも出やすかった。

国内で前日8日に新たに確認された新型コロナの感染者数は500人を超え最多を更新した。投資家の警戒感が株売りを促し、下げ幅は一時200円に迫った。

もっとも、大引けにかけては下げ幅が急速に縮小した。日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ期待のほか、9日の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国を加えた「OPECプラス」会合での協調減産合意への期待から米株価指数先物が堅調に推移したことも支援材料になった。株価指数先物・オプションの特別清算指数(SQ)算出を控え、思惑的な商いも出た。

JPX日経インデックス400は反落。終値は前日比79.24ポイント(0.62%)安の1万2731.24だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、8.49ポイント(0.60%)安の1416.98で終えた。業種別TOPIXは陸運、食料品などが大きく下げた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2997億円。売買高は13億6889万株だった。10日は聖金曜日で海外の主要市場が休場ということもあり、機関投資家の積極的な売買は手控えられた。東証1部の値下がり銘柄数は1007銘柄だった。値上がりは1098、変わらずは64銘柄だった。

富士フイルムは7.1%安と急落。JR西日本味の素も安かった。NTTドコモOLCが下落。一方、スズキは大幅高。いすゞファナックも高かった。三越伊勢丹IHI国際石開帝石も上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン