2019年6月16日(日)

6/16 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本企業の社債発行額、最高3.7兆円 4~6月見込み[有料会員限定]
  2. 2位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  3. 3位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  4. 4位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]
  5. 5位: アユ コケが主食の「香魚」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,900,945億円
  • 東証2部 71,459億円
  • ジャスダック 86,922億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.84倍13.40倍
株式益回り7.22%7.46%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 続落 令和入り後856円安 米中対立を警戒

2019/5/9 15:17
保存
共有
印刷
その他

9日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。終値は前日比200円46銭(0.93%)安の2万1402円13銭と、3月29日以来の安値を付けた。令和に入ってからの3日間で下げ幅は856円に達した。トランプ米大統領が8日、中国製品に対する制裁関税を10日に引き上げる方針を巡り「中国が約束を破ったからだ」と述べた。米中対立が警戒され、幅広い銘柄に売りが出た。

外国為替市場で円相場が一時1ドル=109円台後半と、約1カ月ぶりの円高水準を付け、自動車や機械などの輸出関連銘柄に採算悪化を懸念した売りが出た。中国・上海総合指数が下げると日経平均も歩調を合わせ、一時は下げ幅が290円近くに広がった。

イラン問題を巡る地政学リスクが意識されたのも買い控えムードにつながった。

JPX日経インデックス400は4日続落した。終値は前日比180.40ポイント(1.29%)安の1万3791.53だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続落し、21.62ポイント(1.38%)安の1550.71で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆8655億円。売買高は16億8963万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1819、値上がりは282、変わらずは39銘柄だった。

ファナックコマツ安川電が下落した。ホンダ楽天中部電の下げが目立った。三菱商と三菱UFJ銀行から資金調達すると発表した千代建が売られた。一方、2020年3月期に増配する計画を発表したソフトバンク(SB)が大幅高。ヤフー住友商、三菱商の上げが大きかった。ファストリNTTドコモも上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム