2018年7月16日(月)

7/16 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,516,053億円
  • 東証2部 98,545億円
  • ジャスダック 104,440億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率14.47倍14.93倍
株式益回り6.90%6.69%
配当利回り1.67% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 続伸、米株高で心理改善 2万2000円台回復

2018/7/9 15:25
保存
共有
印刷
その他

 週明け9日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前週末比264円04銭(1.21%)高の2万2052円18銭だった。6月29日以来、約1週間ぶりに2万2000円台を回復した。前週末発表の6月の米雇用統計では賃金が伸び悩み、米利上げが加速するとの観測が後退した。米株式相場の上昇を受けて日本株にも買い戻しが優勢になった。中国などアジアの株式相場も堅調に推移するなか、海外ヘッジファンドから株価指数先物に買いが入り、日経平均を押し上げた。

 村田製太陽誘電などの電子部品株が好業績を期待した買いを集めた。このところ下げが目立っていた東エレクなど電機株も上昇した。市場では「米中貿易摩擦への懸念がひとまず後退し、海外短期筋から現物株を買い戻す動きがあった」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれた。「医薬品株や半導体関連株の一角には海外の長期投資家による打診買いがあった」(外資系証券トレーダー)との観測も出ていた。

 JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比175.39ポイント(1.17%)高の1万5168.98だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、20.25ポイント(1.20%)高の1711.79で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆415億円。売買高は12億2088万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1649、値下がりは390、変わらずは60銘柄だった。

 アルツハイマー型認知症治療薬の新薬候補が材料視されているエーザイが連日で制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われ、1銘柄で日経平均を55円押し上げた。富士通ソニーTDKが大幅高だった。ソフトバンク住友鉱も高い。半面、9日に排ガス測定に関して記者会見すると伝わった日産自が安い。中国での建機販売への懸念で日立建機コマツが大幅安。東海カ大塚HDも下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム