2018年10月19日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,420,343億円
  • 東証2部 90,042億円
  • ジャスダック 100,638億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率14.25倍14.48倍
株式益回り7.01%6.90%
配当利回り1.72% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,358.50 -299.66
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,230 -360

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

10月18日(木)14:18

インドネシアが東南ア最大級の新空港 旅客収容1億人[映像あり]

人民元が1年9ヵ月ぶり安値 「操作国」指定見送り

10月18日(木)13:03

[PR]

国内株概況

東証大引け 小幅反落、資生堂急落が響く

2018/8/8 15:32
保存
共有
印刷
その他

8日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落し、前日比18円43銭(0.08%)安の2万2644円31銭で終えた。成長期待の高かった資生堂の2018年12月期の利益見通しが市場予想を下回り株価が急落。投資家心理を冷やした。短期志向の海外ヘッジファンドからは株価指数先物に売りが出たという。

日経平均は後場、2万2800円台に乗せる場面があった。日本時間の正午頃に中国が発表した7月の貿易統計が景気拡大を示唆する内容だったため、機械株などに買いが入った。ただ、「米中貿易摩擦の影響はまだ織り込んでいない」との見方も多く、買いは続かなかった。

JPX日経インデックス400は小幅に反落した。終値は前日比18.08ポイント(0.12%)安の1万5442.46だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、1.34ポイント(0.08%)安の1744.71で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5466億円、売買高は14億4982万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は984、値上がりは1039、変わらずは81銘柄だった。

ソフトバンクはIT(情報技術)バブル期以来の高値を付けた。ダイキンファナックが上昇し、ニコン日東電も高い。一方、明治HD第一三共エーザイは下落した。トヨタスズキも安い。東レは連日で年初来安値を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム