/

東証大引け 反落、米中貿易摩擦を警戒 「中国関連」安い

18日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比171円42銭(0.75%)安の2万2680円33銭で取引を終えた。米国と中国の貿易摩擦が激しさを増し、世界経済の停滞につながるとの懸念から海運や機械、鉄鋼などへ利益確定売りが広がった。朝方に大阪北部で地震が発生し、被害の状況を見極めたいとして買いを見送る雰囲気につながった面もある。

米政権は15日、中国の知的財産権侵害を理由に500億ドル(約5兆5000億円)分の中国製品へ追加関税を課すと発表した。中国はすぐさま米国製品に同額の報復関税を課すと発表。米中の報復の連鎖が企業活動を萎縮させるとの連想が働き、投資家心理が悪化した。コマツファナック安川電など、いわゆる「中国関連銘柄」の値下がりも目立った。

JPX日経インデックス400も反落した。終値は154.15ポイント(0.97%)安の1万5680.93だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、17.61ポイント(0.98%)安の1771.43で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2568億円。売買高は13億5288万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1518と、全体の7割強を占めた。値上がりは507、変わらずは64銘柄だった。

任天堂トヨタが下落。東エレクSUMCOが売りに押され、三菱UFJソフトバンクも下げた。一方、村田製が連日で年初来高値を更新。資生堂JTが上げ、ファストリにも買いが入った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン