/

東証大引け 利益確定売りで反落 2万円は維持、年間では7年ぶり下落

2018年の大納会となった28日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、終値は前日比62円85銭(0.31%)安の2万0014円77銭だった。前日に750円高と急伸していたため、利益確定目的の売りが優勢だった。年内最終売買日とあって、持ち高調整の売りも目立った。ただ、心理的節目の2万円を下回る場面では底堅さがみられ、上げに転じる場面もあった。大引けにかけては2万円の節目を意識したとみられる断続的な買いが入り、大台を維持して終えた。

ロイター通信が27日、トランプ米大統領が米国企業に対し安全保障上重大な脅威となる外国企業の通信機器の使用を禁じる大統領令を出す検討に入ったと報じた。米中貿易摩擦の激化懸念が再び台頭し、東京市場でもハイテク株の一角が売られ、相場全体の重荷となった。サクソバンク証券の倉持宏朗チーフマーケットアナリストは「東京市場が年末年始でしばらく休場となるため、米中関係などでどのような材料が出るか分からず、積極的な買いは入りにくかった」と指摘していた。

日経平均は年間の下落幅が2750円(12%)となり、11年以来7年ぶりの年間下落となった。「アベノミクス相場」が始まった12年以降では初の下落で、下落幅もリーマン・ショックが発生した08年(6448円)以来の大きさ。12月の月間下落幅(2336円)は08年10月以来の大きさだった。

JPX日経インデックス400は反落し、終値は前日比73.94ポイント(0.55%)安の1万3253.37だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、終値は7.54ポイント(0.50%)安の1494.09だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆293億円。売買高は11億9506万株だった。18年の東証1部売買代金は累計で641兆円と、07年(688兆円)以来の高水準だった。東証1部の値下がり銘柄数は1166、値上がりは891、変わらずは72だった。

エーザイ大日本住友などの医薬品株が売られた。原油安を受けてJXTG、出光興産が安い。ユニファミマファストリの下げも目立つ。一方、ファナック京セラTDKは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン