/

東証大引け 4日続伸 2万2000円台回復 米中首脳会談に期待

28日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比224円62銭(1.02%)高の2万2177円02銭で終えた。2万2000円台回復は12日以来、約半月ぶり。米中首脳会談が12月1日に開催される見通しになり、米中の貿易交渉を巡るなんらかの合意が生まれるとの期待から海外投資家が株価指数先物に買いを入れた。ファストリ1銘柄で日経平均を70円あまり押し上げるなど、値がさ株の上昇が目立った。日経平均の4日続伸は9月13~26日(8日続伸)以来、約2カ月ぶり。

今週と来週は3、9月期決算企業の配当支払いが集中する。配当の一部を再投資に回す動きが指数を押し上げた面もあった。一方、トヨタ三菱UFJなど東証株価指数(TOPIX)の構成比が高い銘柄は下落した。

JPX日経インデックス400は4日続伸した。終値は前日比88.71ポイント(0.61%)高の1万4627.46だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、9.50ポイント(0.58%)高の1653.66で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5511億円、売買高は13億8834万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1416、値下がりは612、変わらずは85銘柄だった。

大日本住友花王が上昇した。リクルートファナックソフトバンクも高い。一方、ユニファミマは後場に急落した。スズキホンダデンソー日産自三菱自も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン