時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,936,454億円
  • 東証2部 67,231億円
  • ジャスダック 93,357億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.70倍21.41倍
株式益回り5.34%4.66%
配当利回り2.09% 1.81%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,418.15 -96.70
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,390 -120

[PR]

国内株概況

東証大引け、小幅続落 材料難で小動き、任天堂は売買伴い大幅高

2016/9/8 15:24
保存
共有
印刷
その他

8日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落した。前日比53円67銭(0.32%)安の1万6958円77銭で終えた。米株や外国為替市場は小動きで材料難から方向感を欠いた展開だった。一方で、新作のスマートフォン(スマホ)向けゲームを発表した任天堂は前日比13%高まで上昇、東証1部の売買代金の17%を占める大商いとなった。

米連邦準備理事会(FRB)は7日、全米12地区連銀が管轄地域の経済情勢をとりまとめた米地区連銀経済報告(ベージュブック)を発表した。米利上げの動向に影響があるとして注目が高まっていたが、前回7月の評価を維持したため市場の反応は限られた。

午後に日銀の中曽宏副総裁が都内で講演し、「マイナス金利の深掘りはできないという考えはない」などと述べた。一時は銀行株を中心に売りを誘ったものの、従来の日銀の立場と変更はないとの見方からその後は買いが入って相場を下支えした。

任天堂は日本時間8日早朝に米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」向けに、人気ゲーム「スーパーマリオ」の新作「スーパーマリオラン」を12月に配信すると発表した。リオデジャネイロ五輪の閉会式で安倍晋三首相がマリオにふんするパフォーマンスをするなど世界的に知名度のあるキャラクターの起用に期待が高まり、関連銘柄に買いが波及した。

JPX日経インデックス400も続落した。終値は前日比48.96ポイント(0.40%)安の1万2070.28だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、3.58ポイント(0.27%)安の1345.95で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1925億円だった。売買高は16億7242万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は923と全体の47%を占めた。値上がりは860、変わらずは190銘柄だった。

金融の三菱UFJ三井住友FGが下落した。ソフトバンクKDDIが下げた。信越化JTも下落した。楽天ソニーも下げた。

一方、任天堂とスマホゲームで協業するディーエヌエが大幅高だった。任天堂関連銘柄と言われるサノヤスHD京都銀も上昇した。SMCコマツも上げた。前日に急落したカカクコムは上昇した。

東証2部株価指数は4日続伸した。理経朝日インテクが上昇した。半面、安川情報シャープが下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム