東証大引け、6日ぶり反発 値ごろ感と円弱含みで、売買1年ぶり低水準

2015/12/28 15:30
保存
共有
印刷
その他

28日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反発した。前週末比104円29銭(0.56%)高の1万8873円35銭で終えた。前週末まで5日続落し日経平均には値ごろ感が強まったとの見方が浮上し、見直し買いが優勢だった。円相場がやや弱含み、輸出関連に買いが入って相場を下支えした。もっとも、年末を控えて休暇に入った投資家も多く、売買は1年ぶりの低水準だった。

商社の三井物住友商、中国関連とされるコマツ日立建機などの上昇が目立った。足元で資源関連には売りが続いたため、売り方の買い戻しが入りやすかった。

外国為替市場で、午前には対ドルで円高方向に振れた円相場がやや円安・ドル高に戻したのも投資家心理の改善につながった。主力の輸出関連には断続的に買いが入り、富士重マツダは後場に一段高となった。トヨタも小幅に上げて終えた。

もっとも、日経平均は前週末まで約600円下落したのに対して28日の上昇は約100円と小幅にとどまった。朝方に発表された11月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりに低下し、市場予想も下回って投資家心理を冷やした。28日は12月期決算企業などの配当権利落ち日だったのも重荷となった。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反発した。終値は前週末比104.33ポイント(0.76%)高の1万3796.98だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反発し、同13.03ポイント(0.86%)高の1529.22で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆5433億円だった。年末を控えて休暇に入った投資家も多く、2014年12月26日以来、1年ぶりの低水準だった。売買高は15億5526万株。東証1部の値上がり銘柄数は1570と全体の81%を占めた。値下がりは327、変わらずは29銘柄だった。

パナソニック日立が上げた。経営再建を巡る思惑が広がりシャープJディスプレの上昇が目立った。30日からTOPIXに組み入れられる日本郵政かんぽ生命ゆうちょ銀もそろって上げた。一方、12月期決算企業のキヤノンブリヂストンが下げた。セブン&アイファストリが下落した。村田製日東電も下げた。

東証2部株価指数は続伸した。アートSHD抵抗器が上げた。一方、象印SFJが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]