9/28 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: キオクシア、上場延期へ 米のファーウェイ規制影響[有料会員限定]
  2. 2位: 株高、債券売りが呼び水 日本 首相交代で資金流入[有料会員限定]
  3. 3位: 市場で浮上する「民主党完勝」への期待(NY特急便)[有料会員限定]
  4. 4位: ワタミ、劣後ローン30億円調達 居酒屋の3割業態転換[有料会員限定]
  5. 5位: 上場企業の減損、過去最大4.2兆円 20年3月期[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

国内株概況

東証大引け 3日続落、ファナックなどに売り 様子見ムード強く

2020/7/28 15:29
保存
共有
印刷
その他

28日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比58円47銭(0.26%)安の2万2657円38銭で終えた。決算発表前の様子見ムードで薄商いのなか、持ち高整理目的の売りがファナックなどに出て、相場を押し下げた。外国為替市場での円高・ドル安傾向も自動車など輸出関連株の売りを促した。半面、ハイテク株や医薬品の一角には買いが入った。

日経平均は一日を通して方向感に欠ける展開だった。海外勢も新型コロナウイルスの感染状況など目先の材料を受けた短期売買が中心だった。

JPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比67.17ポイント(0.47%)安の1万4143.12だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、7.57ポイント(0.48%)安の1569.12で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9878億円。売買高は10億8836万株と、低調だった。東証1部の値下がり銘柄数は1534と、全体の約7割を占めた。値上がりは557、変わらずは81銘柄だった。

ダイキンファストリ日立建機KDDIが下落した。一方、第一三共ソフトバンクグループ(SBG)、TDK富士フイルムが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム