2019年4月26日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,179,272億円
  • 東証2部 74,987億円
  • ジャスダック 90,924億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率13.61倍14.31倍
株式益回り7.34%6.98%
配当利回り1.87% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,307.58 +107.58
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,350 +180

[PR]

<お知らせ>市場の先を読むニューズレター「Beyond Markets」を創刊しました。登録は こちら

国内株概況

東証大引け 反発、2カ月半ぶり高値 中国株高など支え

2019/2/27 15:37
保存
共有
印刷
その他

27日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日比107円12銭(0.50%)高の2万1556円51銭で、2018年12月13日以来ほぼ2カ月半ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ見送り観測や中国・上海株などアジア株式相場の上昇を背景に短期指向の海外投資家が株価指数先物に買いを入れ、現物株指数を押し上げた。医薬品や建設、小売りなど業績の安定したディフェンシブ銘柄や内需銘柄に出遅れ修正を見込んだ買いが入ったことも相場を支えた。

日経平均の上げ幅は一時120円を超えた。ただ節目の2万1600円に近づくと3月の決算期末をにらんだ国内金融機関などからの戻り売りが出て上値が重くなった。JPX日経インデックス400も反発。終値は前日比26.41ポイント(0.18%)高の1万4393.69だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、3.22ポイント(0.20%)高の1620.42で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆3924億円と4営業日ぶりに2兆円を超えた。株価指数への組み入れ株数変更に伴う売買が大引けにかけて膨らんだ。売買高は12億3574万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1153と全体の5割強を占めた。値下がりは893、変わらずは83だった。

ファストリユニファミマエーザイが高く、武田、コナミHDも買われた。半面、円高・ドル安を受けてコマツ日立建機ファナックといった機械、電機株が軟調だった。

きょう東証2部に新規上場したソフトウエア受託開発の東海ソフトは公開価格(1500円)を91%上回る2872円で初値を付けた。終値は2469円。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム