/

東証大引け 9日ぶり反落、短期の過熱警戒で 国内勢の期末売りも

27日の東京株式市場で日経平均株価は9営業日ぶりに反落し、前日比237円05銭(0.99%)安の2万3796円74銭で終えた。指数が約8カ月ぶりの高値圏にあったため、短期的な過熱感を警戒した海外投資家などの売りが優勢になった。午後にかけては国内投資家から中間期末接近に伴う売りが出たとの見方があり、日経平均の下げ幅は一時250円を超えた。

日経平均は26日に約8カ月ぶりとなる2万4000円台を回復。日経平均の25日移動平均からの上方かい離率はテクニカル分析で過熱感があるとみなされる5%に迫っており、一部海外ヘッジファンドが目先の利益を確定する目的の売りを出したという。午後は国内のメガバンクの自己売買部門が株価指数先物にまとまった売りを出したとの観測も聞かれた。

日経平均は午前に上昇する場面もあった。日米首脳会談を経て米政府が輸入自動車への追加関税を当面発動しない見通しになり、北米市場への依存度が高いSUBARUマツダが買われた。エーザイ武田など業績が景気動向に左右されにくい「ディフェンシブ銘柄」の一部も堅調だった。

JPX日経インデックス400は続落し、終値は前日比187.78ポイント(1.16%)安の1万5937.14だった。東証株価指数(TOPIX)も続落。終値は21.56ポイント(1.18%)安の1800.11だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆8110億円と13日以来の低水準。売買高は13億9056万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1730と全体の8割を超えた。値上がりは342、変わらずは32だった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)後の米長期金利の低下をきっかけに運用環境の改善に歯止めがかかるとの見方から第一生命HD三菱UFJなど金融株が売られた。東エレク信越化など半導体関連が安く、ファナック日東電も下げた。一方、ファストリヤマハが上昇。デンソーオリンパス旭化成が高かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン