2019年6月26日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,851,900億円
  • 東証2部 70,166億円
  • ジャスダック 86,041億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.72倍13.28倍
株式益回り7.28%7.52%
配当利回り2.11% 2.11%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,086.59 -107.22
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,050 -30

[PR]

国内株概況

東証大引け 反発 対中追加関税前の水準で伸び悩む

2019/5/17 15:21
保存
共有
印刷
その他

17日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比187円11銭(0.89%)高の2万1250円09銭で終えた。米小売り大手ウォルマートなどの好決算で16日の米ダウ工業株30種平均が上昇し、投資家心理が改善。海外投資家を中心とした買いが入った。外国為替市場での円高一服も下支え要因となり上げ幅は一時300円を超えた。自社株買いとマイクロソフトとの提携を発表したソニーが大幅高となった。

日経平均は前場、米国が対中制裁関税を追加発動する直前の水準(9日の2万1402円)に迫る場面があったが、後場は伸び悩んだ。中国・上海株が下げ幅を広げたため、利益確定売りが増えた。

JPX日経インデックス400は反発し、終値は前日比145.40ポイント(1.06%)高の1万3839.29だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、16.70ポイント(1.09%)高の1554.25で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4294億円、売買高は13億4952万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1705と、全体の約8割を占めた。値下がりは377、変わらずは58だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファストリが買われ、テルモなどが高い。一方、TDKアドテスト安川電は安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム