5/27 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ下、進む銘柄選別 「DX・医療・巣ごもり」上昇[有料会員限定]
  2. 2位: NY証取、立会場を2カ月ぶり再開 ダウは一時600ドル高
  3. 3位: 逆風下でも最高益133社 1~3月、デジタル関連好調[有料会員限定]
  4. 4位: 「解除相場」の主役は短期マネー 目立つ売り方の買い戻し[有料会員限定]
  5. 5位: 私鉄大手、11社が最終赤字 14社1~3月 ホテル事業も不振
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,862,686億円
  • 東証2部 64,100億円
  • ジャスダック 89,877億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率17.43倍23.68倍
株式益回り5.73%4.22%
配当利回り2.09% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,271.17 +529.52
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,280 +460

[PR]

国内株概況

東証大引け 3日続伸 経済対策支え、買い戻し一巡後は伸び悩む

2020/4/7 15:24
保存
共有
印刷
その他

7日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比373円88銭(2.01%)高の1万8950円18銭で終えた。新型コロナウイルスへの警戒感が後退して前日の欧米株が大幅に上昇し、国内でも運用リスクをとる動きが強まった。政府が7日に閣議決定する緊急経済対策への期待も支援材料となり、上げ幅は一時600円に迫り心理的な節目の1万9000円を上回る場面があった。

米国で新型コロナの感染拡大の勢いが鈍りつつあるとの見方から、前日のダウ工業株30種平均は過去3番目の上げ幅となった。欧州株も新型コロナをめぐり最悪期を脱しつつあるとの見方から軒並み上昇していた。国内で事業規模が過去最大となる約108兆円の緊急経済対策が打ち出されることも手伝って、景気敏感株などに買いが入り日経平均を押し上げた。

しかし買い戻しが一巡した後は伸び悩み、下げに転じる場面もあった。国内の新型コロナの感染者数は依然として増加傾向にあるなか「海外短期筋による先物買いが中心で、実需の買いは入りづらい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との声が聞かれた。緊急事態宣言の発動を受けた安倍晋三首相の夜の記者会見の内容を見極めたいとの雰囲気も次第に強まった。

JPX日経インデックス400は続伸。終値は前日比244.63ポイント(1.98%)高の1万2599.59だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、26.91ポイント(1.96%)高の1403.21で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆8231億円。売買高は17億351万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1877と、全体の9割近くを占めた。値下がりは255銘柄、変わらずは36銘柄だった。

アドテスト東エレクスズキマツダが上昇。ガイシクラレ東ソー住友化も高い。一方で緊急事態宣言で休業などを迫られるとの見方から、三越伊勢丹高島屋への売りが目立った。デンカ富士フイルムも売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム