2019年2月19日(火)

2/19 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想
  2. 2位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  3. 3位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  4. 4位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  5. 5位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,126,790億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 89,541億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率13.45倍13.84倍
株式益回り7.43%7.22%
配当利回り1.88% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,257.79 -24.06
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,290 -10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 反落、業績懸念の売り ソフトバンクG急伸が支え

2019/2/7 15:36
保存
共有
印刷
その他

7日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比122円78銭(0.59%)安の2万0751円28銭で終えた。個別企業の決算内容をみて選別物色する動きが活発だった。6日に純利益の見通しを下方修正したトヨタに海外投資家などの売りが膨らみ、最近発表した業績がさえなかった銘柄に改めて売りが広がった。一方、好決算と自社株買いを発表したソフトバンクグループ(SBG)が急伸し、相場を下支えした。

日経平均の下げ幅は200円を超える場面があった。このところ2万1000円に接近しながら上回れない展開が続いており、年明け以降の戻り相場が一巡したとみた海外短期筋による株価指数先物への売りが膨らんだ。

SBGは制限値幅の上限(ストップ高水準)で終え、日経平均へのプラス寄与は166円に達した。18年4~12月期は投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などの株式評価益が貢献し大幅増益となった。ただ市場には投資ファンド収益の振れは大きいとの見方があり、「きょうのSBG株の上昇は短期的な買い戻しにとどまりそう」との声も出ていた。

JPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反落した。終値は前日比118.15ポイント(0.84%)安の1万3938.55だった。東証株価指数(TOPIX)は続落し、13.10ポイント(0.83%)安の1569.03で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5553億円。売買高は12億5075万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1575と、全体の7割強を占めた。値上がりは489、変わらずは63だった。

ファストリ電通、ヤマハ、NTTデータが安く、ソニー任天堂パナソニックデンソーが下げた。一方、東エレクスクリンといった半導体関連の一角に見直し買いが入った。SUBARU資生堂、武田も買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータ

7日朝公開「記者の目」

ビジュアルデータ

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム