2019年9月23日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,159,592億円
  • 東証2部 68,595億円
  • ジャスダック 90,312億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.31倍14.14倍
株式益回り6.98%7.06%
配当利回り2.01% 2.03%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

国内株概況

東証大引け 大幅反落、7カ月半ぶり安値 米中摩擦でリスク回避の売り

2019/8/26 15:30
保存
共有
印刷
その他

26日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反落し、前週末比449円87銭(2.17%)安の2万0261円04銭と、今年1月10日以来、約7カ月半ぶりの安値で終えた。トランプ米大統領が23日、中国の報復関税への対抗措置として、中国製品に課している制裁関税の税率を引き上げる方針を示した。関税合戦が世界経済を冷やすとの警戒感が高まり、運用リスクを回避する目的の売りが優勢だった。

朝方の外国為替市場で円が対米ドルで1ドル=104円台半ばまで上昇したのを受け、日経平均は取引開始後まもなく下げ幅を500円超に広げた。ただ、その後は中国からの資本流出に対する過度な警戒感が後退し、オフショア(中国本土外)市場での人民元安が一服すると、円も伸び悩んだ。輸出株に対する押し目買いの好機とみた個人投資家などの買いが入り、日経平均の下値を支えた。

JPX日経インデックス400は反落した。終値は前週末比208.07ポイント(1.55%)安の1万3197.04だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、24.22ポイント(1.61%)安の1478.03で終え、1月4日以来の安値となった。業種別TOPIXは33業種すべてが下げた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9844億円。売買高は11億4028万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1979と、全体の約9割を占めた。値上がりは138、変わらずは33銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファナック東エレクが安い。安川電のほか、みずほFG第一三共が下落した。一方、ユニファミマスズキ三井不が上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。