2019年8月26日(月)

8/26 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 人口減時代でも伸びる街 沖縄・福岡…[有料会員限定]
  2. 2位: 米中対立激化でNYダウ急落 米市場関係者の見方[有料会員限定]
  3. 3位: 米中対立で株安・円高リスク強まる 市場関係者の見方[有料会員限定]
  4. 4位: 米中対立激化、強まる株安・円高リスク[有料会員限定]
  5. 5位: [社説]通貨の未来を考え、備えよう[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

国内株概況

東証大引け 反落 円高への警戒重荷、商いは低調続く

2019/7/16 15:23
保存
共有
印刷
その他

3連休明け16日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。前週末12日と比べ150円65銭(0.69%)安の2万1535円25銭で終えた。早期の米利下げ観測が外国為替市場での円高・ドル安圧力となり、相場の先高観が後退。株価指数先物に海外投資家の売りが出たほか、このところ上昇が目立っていた内需関連株に持ち高調整を目的とした売りが出たことも相場の重荷となった。

米利下げ観測に後押しされて米ダウ工業株30種平均は15日まで連日で過去最高値を更新したが、東京市場では好感した買いが限られた。米利下げは円高・ドル安進行を通じて輸出関連企業の業績下振れにつながりやすい。ヘッジファンドなどの海外投資家が新たな買いを見送り商いが細るなか、陸運や不動産、医薬品などへの売りが相場全体を下押しした。

中国で工業生産高など6月の景気指標が市場予想を上回ったことが好感され、安川電オークマなど設備投資関連の一部には買い戻しが入った。

JPX日経インデックス400は続落した。終値は前週末比72.75ポイント(0.52%)安の1万3952.61だった。東証株価指数(TOPIX)は続落し、7.57ポイント(0.48%)安の1568.74で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆7423億円と、10営業日連続で節目の2兆円を割り込んだ。2016年10月3~19日に12営業日続けて2兆円を割り込んで以来、2年9カ月ぶりの連続記録となった。海外投資家などの積極的な買いが入りにくいなか、16日からの決済期間の短縮に伴う混乱がないかを見極めるために投資家が積極的な売買を見送ったとの見方もあった。

東証1部の売買高は10億4065万株。値下がり銘柄数は1302、値上がりは752、変わらずは96だった。

日本郵政が上場来安値を更新したほか、かんぽ生命ゆうちょ銀も安い。ソフトバンクグループ(SBG)やファナックなど値がさ株のほか、ソニー京セラも下落した。一方、トヨタデンソーが高い。第一三共のほか、資生堂ヤマハが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。