2019年4月25日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,179,272億円
  • 東証2部 74,987億円
  • ジャスダック 90,924億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率13.61倍14.31倍
株式益回り7.34%6.98%
配当利回り1.87% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,307.58 +107.58
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,350 +180

[PR]

<お知らせ>市場の先を読むニューズレター「Beyond Markets」を創刊しました。登録は こちら

国内株概況

東証大引け 小幅反発 中国関連に買い ソフトバンク安は重荷

2019/2/6 15:33
保存
共有
印刷
その他

6日の東京株式市場で日経平均株価は前日比29円61銭(0.14%)高の2万0874円06銭と小幅に反発した。5日に米ダウ工業株30種平均が約2カ月ぶりの高値で終え、投資家心理が改善。米株市場で中国関連株に対する買いが目立ったことから、東京市場でも資生堂などの訪日外国人(インバウンド)関連や景気敏感株を中心に物色された。

心理的な節目の2万1000円を目前にして上値は重かった。前日に好調な2018年4~12月期決算を発表したソフトバンク(SB)が個人投資家の売りに押され、相場の重荷になった。

午後にトヨタが2019年3月期の連結純利益見通し(米国会計基準)を下方修正し、買いを手控えようというムードにつながった面もある。トヨタは反落した。

トランプ米大統領が一般教書演説にのぞんだが、「米中貿易交渉の結果が出るまで積極的には動きにくい」(東海東京調査センターの仙石誠シニアエクイティマーケットアナリスト)として、相場への影響は限られた。

JPX日経インデックス400は3日続伸し、終値は前日比3.54ポイント(0.03%)高の1万4056.70だった。東証株価指数(TOPIX)は3日ぶりに反落し、0.75ポイント(0.05%)安の1582.13で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2858億円。売買高は12億5015万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は936、値下がりは1106、変わらずは85銘柄だった。

花王ファストリコマツが高い。武田やSUMCOも買われた。一方、ソニーが昨年来安値を更新し、任天堂も大幅安。ZOZO伊藤忠も下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム