/

東証大引け 反落、米政権運営の不透明感を嫌気 ファナックなど値がさ安い

16日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比127円44銭(0.58%)安の2万1676円51銭で終えた。米国の保護貿易主義や、米高官の更迭報道を受けた米政権運営の先行き不透明感を嫌気する売りが出た。円高・ドル安も相場の重荷になった。ファナックTDK東エレクといった日経平均への影響度の大きい値がさ株の下げが目立ち、3銘柄で指数を約40円押し下げた。

前日の米ダウ工業株30種平均の上昇などを受け、朝方は高く始まったが買いは続かなかった。米メディアが「トランプ米大統領がマクマスター国家安全保障担当補佐官の更迭を決断した」と報じると、米株価指数先物が下落。円相場が1ドル=105円台後半まで上昇したこととあわせて嫌気された。

午後に入ると日銀による上場投資信託(ETF)買いが入らないのではないかとの見方が浮上し、前日比で171円まで下げ幅を拡大する場面があった。個人投資家は3月期末に向けた配当や株主優待の権利取りをにらんだ買いを入れたものの、相場全体への影響は限られた。

JPX日経インデックス400は反落。終値は前日比61.30ポイント(0.40%)安の1万5359.13だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、6.97ポイント(0.40%)安い1736.63で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7098億円、売買高は13億8806万株。取引終了間際に株価指数の銘柄入れ替えなどに伴う売買が増えた。東証1部の値下がり銘柄数は1277と全体の6割を占めた。値上がりは705、変わらずは88だった。

業種別TOPIX(33業種)では電気・ガス業、電気機器、精密機器などの下げが目立った。陸運業やパルプ・紙、非鉄金属などは上げた。個別銘柄では、関西電三菱電東レが下落。好材料の出たヤマトHDのほか、エーザイ大和が上昇した。きょう東証1部に上場した日総工産の初値は公開価格(3250円)を24%上回る4020円だった。終値は初値に比べ20円安い4000円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン