/

東証大引け 続落 米株安を警戒 一時2万1000円割れ

26日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比84円13銭(0.40%)安の2万1184円60銭で終えた。取引時間中では3月29日以来となる2万1000円割れの場面があった。上海や香港、台湾などアジア株式相場が下落し、投資家心理が悪化した。アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)といった米IT(情報技術)大手が25日発表した18年7~9月期売上高が市場予想を下回り、米株の先行き不透明感が強まったことも買い手控え要因になった。朝方は自律反発狙いの買いが先行したが、勢いは続かなかった。

後場は信用取引で追加証拠金(追い証)の差し入れ義務が生じた個人投資家による損失覚悟の売りが出て、日経平均は下げ幅を300円近くに広げる場面があったが、下値では押し目買いも増え日経平均は乱高下した。主要企業の4~9月期決算発表が始まり、業績内容を見極めたいという空気も強かった。

東証株価指数(TOPIX)は続落した。前日比4.91ポイント(0.31%)安の1596.01で終えた。JPX日経インデックス400も続落し、終値は39.87ポイント(0.28%)安の1万4139.90だった。

東証1部の売買代金は概算で3兆1857億円。売買高は16億9900万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1502、値上がりは554、変わらずは54銘柄だった。

キヤノンが下げた。ファナック安川電日立建機など中国関連銘柄が安い。ソフトバンクKDDIなど通信株も下落した。一方でファストリは高い。トヨタホンダスズキなどの自動車株やアステラス武田などの医薬品株が上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン