/

東証大引け、大幅反落 景気懸念で5カ月ぶり安値 東証1部の95%が下落

16日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。終値は前日比335円14銭(2.22%)安の1万4738円38銭と、5月30日(1万4632円38銭)以来およそ5カ月ぶりの安値で引けた。前日発表された米経済指標が軒並み市場予想を下回り、日欧などに加えて米景気にも先行き不透明感が浮上した。エボラ出血熱の感染拡大に対する警戒感もあり、世界的に運用リスクを回避する動きが広がった。前日の欧米株が軒並み下げた流れが東京市場にも波及し、日本株は朝方から全面安が続いた。外国為替市場で円相場が1ドル=105円台まで上昇したことも嫌気され、自動車や電機など主力の輸出関連株に売りが出た。ホンダいすゞなど年初来安値を更新する銘柄も相次いだ。

日経平均は前場に400円超下げ、1万4672円を付ける場面があった。日銀の黒田東彦総裁の発言を受けて追加の金融緩和期待が高まり、後場に入ると一時は1万4800円を回復した。ただ、大引けにかけては再び売りに押される場面が目立った。市場では「今回の日本株の下げは欧米勢のリスク回避によるものが中心。28~29日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)まで戻りは鈍くなりそうだ」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との見方があった。日経平均は昨年末の高値から今年2月まで約14%下げており、今回も同様に下げる場合は「1万4080円程度まで下げ余地はある」(三浦氏)という。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに反落し、それぞれ5月下旬以来の低水準となった。

東証1部の売買代金は概算で2兆7647億円、売買高は30億3750万株。東証1部の値下がり銘柄数は全銘柄の約95%にあたる1737、値上がり銘柄数は83、変わらずは12だった。

ソフトバンクは後場に一段安となった。ファストリ京セラ東エレクなど値がさ株が軒並み売られた。Jディスプレが一時制限値幅の下限(ストップ安水準)まで下落し、上場来安値を更新した。一方、日曹達は終日買い優勢だったほか、花王富士フイルムカシオなどが朝安後に上げに転じた。きょう上場したリクルートは公開価格(3100円)を7.4%上回る3330円で終えた。初値(3170円)から公開価格を上回り、午後には一時3455円まで上昇した。

東証2部株価指数は反落した。ラオックスソディックOakが下落。日本アビオオーミケンシアゼアスは上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン