2019年4月20日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,165,696億円
  • 東証2部 74,793億円
  • ジャスダック 91,194億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.56倍14.20倍
株式益回り7.37%7.03%
配当利回り1.86% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 続落、上海株安を嫌気 米中の関税発動控え買い乏しく

2018/7/5 15:33
保存
共有
印刷
その他

5日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。前日比170円05銭(0.78%)安の2万1546円99銭で終え、4月4日以来およそ3カ月ぶりの安値を付けた。中国・上海株式相場の下げが続き、中国景気の先行き不透明感が改めて意識された。投資家心理が悪化したとして短期目線の投資家が株価指数先物への売りを強め、現物株指数を下押しした。

米中両国による追加関税の発動が6日に迫るなか、機関投資家などの積極的な買いは乏しかった。ファストリ資生堂など主力の消費関連株に加え、ソニー太陽誘電など株価が高値圏を保っていた銘柄に利益確定を目的とした売りが出たことも相場の重荷となった。

JPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比139.75ポイント(0.93%)安の1万4856.46だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、17.05ポイント(1.01%)安の1676.20で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2564億円。売買高は13億9609万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1883と、全体の9割近くとなった。値上がりは185、変わらずは28銘柄だった。

前日に決算を発表した良品計画が12%安となるなど小売株への売りが目立った。ダイキンTDKなども下げた。一方、東エレク信越化といった前日に下落していた半導体関連は買いが優勢だった。KDDIソフトバンクが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム