2019年4月20日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,165,696億円
  • 東証2部 74,793億円
  • ジャスダック 91,194億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.56倍14.20倍
株式益回り7.37%7.03%
配当利回り1.86% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 続伸、米中協議期待で3カ月ぶり高値

2019/3/4 15:28
保存
共有
印刷
その他

4日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比219円35銭(1.02%)高の2万1822円04銭で終えた。18年10月の高値から12月の安値までの下落幅の半値戻し(2万1713円)を達成し、12月5日以来およそ3カ月ぶりの高値水準を回復した。米国と中国が追加関税の引き下げを検討していると米メディアが伝えたことを受け、貿易協議の妥結に対する期待感から日本株にも買い戻しが入った。中国景気の影響を受けやすい精密機器や機械、電気機器株などの上昇が相場を押し上げた。

同日の中国・上海総合指数が一時3%強上昇するなど堅調に推移したことも、投資家心理を一段と強気に傾けた。中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の開幕を5日に控え、大型減税など景気対策への期待感も根強かった。外国為替市場で円相場が一時1ドル=112円台に下落したことも輸出関連株の追い風となり、日経平均は午後に一時、上げ幅を250円あまりに広げた。

もっとも、心理的節目である2万2000円の接近を意識した戻り待ちの売りも出て、買い一巡後は上値の重い展開が続いた。3月期末を控えて金融機関など国内機関投資家からは売りが出やすくなっているとして、季節的な需給要因も重荷になっているとの見方もあった。

JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比113.07ポイント(0.79%)高い1万4467.02だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、11.87ポイント(0.73%)高の1627.59で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1536億円、売買高は11億2781万株となった。東証1部の値上がり銘柄数は1481、値下がりは579、変わらずは72銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファナックが上昇した。東エレクなど半導体関連銘柄にも堅調さが目立ち、アドテストは一時10年10カ月ぶりの高値水準を回復した。TDKダイキンも高い。半面、スズキホンダトヨタなど自動車株が安い。セブン&アイ日産化塩野義も下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム