2019年1月22日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,954,215億円
  • 東証2部 73,611億円
  • ジャスダック 87,396億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率13.08倍13.28倍
株式益回り7.64%7.52%
配当利回り1.94% 2.03%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,622.91 -96.42
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,560 -160

[PR]

国内株概況

東証大引け 3年ぶり大発会安 米株急落や円高嫌気 一時700円超下落

2019/1/4 15:32
保存
共有
印刷
その他

2019年最初の取引となった1月4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、18年12月28日の終値と比べて452円81銭(2.26%)安の1万9561円96銭で終えた。3日の米株の急落や外国為替市場での円高・ドル安の進行を嫌気した売りが膨らみ、3営業日ぶりに節目の2万円を割り込んだ。東京市場が休場だった正月休み期間中に発表された米アップルの売上高予想の下方修正や米製造業の景況感悪化が投資家心理に影を落とした。大発会での下落は16年以来3年ぶりとなり、下落幅の大きさも同年(582円安)以来。

3日の米株式市場でアップルが急落したため、村田製太陽誘電TDKなどアップルに部品を供給するメーカーに売りがかさんだ。日経平均は770円超まで下げ幅を広げる場面もあった。

業種別東証株価指数(TOPIX、全33業種)の下落率上位には、精密機器や電気機器、機械が並んだ。

売り一巡後は模様眺めムードが広がった。「心理的な節目の1万9000円が目先の下値めどとして意識されており、打診買いが入った」(国内証券の情報担当者)との声が聞かれた。電気・ガス業や陸運業、銀行業といった内需株は底堅かった。

JPX日経インデックス400は続落した。終値は前年12月28日と比べ213.69ポイント(1.61%)安の1万3039.68だった。TOPIXも続落し、同22.93ポイント(1.53%)安の1471.16で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7718億円と18年の大発会を下回った。売買高は15億5130万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1475、値上がりは598、変わらずは56銘柄だった。

ファストリファナックソフトバンクグループ(SBG)、東エレクが安い。テルモダイキンも下げた。半面、セコムKDDIセブン&アイが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム