/

東証大引け 4日続伸、円安で心理改善 売買低調も4週ぶり上昇

24日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比190円95銭(0.85%)高の2万2601円77銭で終えた。8日以来約半月ぶりの水準を回復した。外国為替市場の円安・ドル高を好感した海外ヘッジファンドなどの買いが優勢だった。米中貿易摩擦を巡る新たな悪材料が出ていないことから、個人の押し目買いもじわり広がった。商いは低調で東証1部の売買代金は概算1兆7634億円と6日連続で2兆円を割り込んだ。2兆円割れの連続記録としては2017年8月21日~29日の7日連続以来1年ぶり。

日本時間24日午前に終了した米中の事務レベルでの貿易協議では目立った成果に乏しかったものの、さらなる問題は伝わらなかった。交渉決裂を警戒して前日まで売りに回っていた参加者の買い戻しを呼んだ。日経平均先物への買いが現物株市場で裁定買いを誘い、ファストリセコムなど値がさ株が上昇した。

日経平均は週間では331円高となり、4週ぶりに上昇した。

JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比89.53ポイント(0.60%)高の1万5119.38だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、10.98ポイント(0.65%)高の1709.20で終えた。

東証1部の売買高は9億8377万株。東証1部の値上がり銘柄数は1497、値下がりは515、変わらずは92銘柄だった。

小野薬中部電が上昇した。任天堂ソニーソフトバンクも高い。一方、コマツ日立建機ファナックには売りが優勢だった。スズキSUMCOJFEが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン