/

東証大引け 大幅反発、米景気に楽観論 自動車や銀行高い

週明け4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。終値は前週末比304円59銭(1.37%)高の2万2475円94銭。1日発表の5月の米雇用統計が労働市場の改善を示す内容となった。米景気の拡大が意識され、投資家の運用リスクを取る姿勢が強まった。外国為替市場で主要通貨に対して円安が進行し、輸出採算が改善するとの期待で輸出関連株が買われた。

トヨタ三菱UFJなど時価総額が大きい主力株の上げが目立った。米景気に楽観的な見方が浮上するなか「中長期の視点で運用する投資家が大型株に買いを入れた」(国内証券の株式トレーダー)との見方があった。前週末の米市場でハイテク株の上昇が目立ったのを手掛かりに、4日の東京市場では東エレク信越化など半導体関連株に買いが集まったのも相場を支えた。

市場では「米指数算出会社のMSCIが5月末に実施した株価指数の構成銘柄入れ替えに伴い、日本株から資金流出超になるのを見越して株価指数先物を売っていた海外ヘッジファンドが買い戻しに動いた」(外資系証券の株式トレーダー)のも株高につながったとの声があった。

JPX日経インデックス400は3日続伸し、終値は前週末比232.11ポイント(1.50%)高の1万5688.24だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸。25.52ポイント(1.46%)高の1774.69で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4535億円。売買高は14億8298万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1737と全体の83%を占めた。値下がりは309、変わらずは38だった。

トヨタは証券会社の投資判断の引き上げが相次いだこともあり大幅高だった。2019年4月期の増益見通しを発表した伊藤園の上げも目立った。デンソー三井住友トラも上昇した。ヤマトHDは年初来高値を更新した。一方、任天堂と武田が年初来安値を更新した。ポーラHDマネックスGの下落も目立った。ヤフーや古河電が下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン