2018年12月18日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,013,961億円
  • 東証2部 78,345億円
  • ジャスダック 89,598億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率13.33倍13.45倍
株式益回り7.49%7.43%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,506.88 +132.05
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,450 +150

[PR]

国内株概況

東証大引け 大幅反落、538円安 海外勢の売り加速、円高も重荷

2018/12/4 15:32
保存
共有
印刷
その他

4日の東京株式市場で日経平均株価は8営業日ぶりに反落した。終値は前日比538円71銭(2.39%)安の2万2036円05銭だった。前日まで7日続伸し、その間に1000円余り水準を切り上げていたため利益確定を目的とした売りが先行。米長期金利の低下を材料に外国為替市場で円高・ドル安が進むと、株価指数先物に歩調を合わせた売りが出た。午後には、株価のトレンドを判断して取引する商品投資顧問(CTA)など海外ヘッジファンドからの売りが増え、日経平均は急速に下げ幅を広げた。

米中の貿易協議について、米側は対中強硬派のライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が責任者を務めることになり、通商交渉の先行き不透明感が意識された。3日に日経平均が2万2500円台を回復する局面で日本株の買い持ち高を増やしていた海外ヘッジファンドが利益確定売りに動いた。

英国の欧州連合(EU)離脱問題やイタリアの財政問題など欧州景気や政治の先行き不透明感が意識されるなかで「欧州の機関投資家が現物株を売っていた」(国内証券の株式営業担当者)との観測もあった。日本時間4日のシカゴ市場で米株価指数先物が大幅安となったのも投資家心理を冷やした。

JPX日経インデックス400は8営業日ぶりに反落した。終値は前日比356.12ポイント(2.38%)安の1万4577.43だった。東証株価指数(TOPIX)も8日ぶりに反落し、39.85ポイント(2.36%)安の1649.20で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7343億円、売買高は15億5187万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1960と全体の約9割を占めた。値上がりは125、変わらずは34だった。

ファストリファナックソフトバンクといった値がさ株が下落した。リクルートや昭電工のほか、川崎汽任天堂が大幅安となった。一方、コニカミノル洋缶HDが上昇。ドンキHDVテクが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

相場と投資を読み解く

4日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム