2017年12月17日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,746,984億円
  • 東証2部 100,389億円
  • ジャスダック 111,332億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.40倍 --
株価収益率18.33倍16.66倍
株式益回り5.45%5.99%
配当利回り1.43% 1.51%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,553.22 -141.23
日経平均先物(円)
大取,18/03月
22,520 -110

[PR]

国内株概況

東証大引け 4日ぶり反落、ロシアゲートや北朝鮮に警戒感

2017/12/4 15:44
保存
共有
印刷
その他

 4日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落した。終値は前週末比111円87銭(0.49%)安の2万2707円16銭だった。トランプ米大統領とロシアの不透明な関係を巡る「ロシアゲート」による米政治の混乱や北朝鮮情勢への警戒感から、売りが優勢だった。電機や機械といったハイテク株の下げが目立った。

 2日に米上院が税制改革法案を可決し、4日朝方の日本株は米経済の拡大期待で買いが先行した。だが、米「ロシアゲート」の不透明感がくすぶり、運用リスクを避けたい投資家からの売りがハイテク株などに出て、相場は下げに転じた。米韓両空軍は韓国で合同軍事演習を行っており、北朝鮮情勢への警戒感も投資家心理の悪化につながった。

 8日の株価指数先物とオプションの12月物の特別清算指数(SQ)算出を前に、節目の2万3000円までの上値が重いのをみて短期筋がSQ値を押し下げたいとの思惑から売りを出したとの見方もあった。JPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反落した。終値は前週末比91.17ポイント(0.57%)安の1万5832.47だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、9.66ポイント(0.54%)安の1786.87で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆4096億円と連休の谷間だった11月24日以来の少なさだった。売買高は13億9443万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1314と全体の64%を占めた。値上がりは645、変わらずは82銘柄だった。

 キーエンスファナック村田製に売りが出た。資生堂塩野義任天堂も下落した。一方、米原油先物相場が上昇し国際石開帝石やJXTGなどの資源株に買いが入った。味の素ソニーファストリも上昇した。

 東証2部株価指数は続伸した。シャープ東芝の上昇がけん引した。半面、朝日インテクリミックスが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム