/

東証大引け、6日続伸 急落からの買い戻し、売買は3番目の低水準

4日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前週末比93円32銭(0.60%)高の1万5775円80銭で終えた。6日続伸は2015年11月12日までの7日続伸以来の長さだった。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた急落からの買い戻しが続いた。リスクを取る姿勢が強まり資源価格が持ち直し、関連銘柄に買いが波及して相場を押し上げた。週末に日米のイベントを控え売買は今年3番目の低水準だった。

英国のEU離脱決定により日経平均は6月24日に1286円下落したものの、翌営業日からの6日続伸で上げ幅は823円まで回復した。もっとも、米ダウ工業株30種平均は前週1日までに急落分をほぼ回復している。日本株では過度な警戒感は薄らいだものの、外国為替市場での円相場の円高傾向の定着が上値を重くした。

8日に6月の米雇用統計、国内では10日に参院選の投開票を控え様子見姿勢が強まった。米利上げの動向に影響を与えると言われる米雇用統計は5月が市場予想を大幅に下回っただけに、前月が異常値だったのかを見極めようと注目が集まっている。

JPX日経インデックス400も続伸した。終値は前週末比76.04ポイント(0.67%)高の1万1396.69だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、7.53ポイント(0.60%)高の1261.97で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆6021億円と今年最低だった5月30日の1兆5604億円に近い水準だった。売買高は15億7950万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1117と全体の57%を占めた。値下がりは715、変わらずは135銘柄だった。

JTKDDIが上昇し日産自マツダも上げた。16年4~6月期の連結営業利益が同時期として過去最高と伝わった東レも買われた。資源関連の住友鉱や東邦鉛三菱商三井物などが上昇した。

一方、金融の三菱UFJみずほFGが下落した。前週末に16年3~5月期の連結決算を発表した良品計画が売られた。16年3~5月期の連結営業利益が前年同期と比較して横ばいと伝わったセブン&アイは下落した。出光興産昭和シェルも下げた。

東証2部株価指数は6日続伸した。ラオックスヨネックスが上げた。半面、システムソフベネ・ワンが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン