東証大引け、大幅反落 3週ぶり安値、欧州中銀の緩和物足りず

2015/12/4 15:34
保存
共有
印刷
その他

4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。終値は前日比435円42銭(2.18%)安の1万9504円48銭と、11月16日以来、約3週間ぶりの安値を付けた。下げ幅は9月29日以来の大きさだった。欧州中央銀行(ECB)が3日に決めた追加金融緩和策が物足りないと受け止められ、投資家心理が悪化した。円相場が円高・ドル安方向に振れたことも重荷となり、幅広い銘柄に利益確定売りが広がった。

下げ幅は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]