11/25 21:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,711,400億円
  • 東証2部 68,136億円
  • ジャスダック 100,030億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.30倍 --
株価収益率21.40倍27.07倍
株式益回り4.67%3.69%
配当利回り1.86% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,296.86 +131.27
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,380 +150

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

Abalance 光行 康明社長

2020年11月25日

東京都、28日から時短営業要請へ 飲食店など3週間メド [映像あり]

官房長官、尖閣巡り懸念伝達中国外相と会談

2020年11月25日

[PR]

国内株概況

東証大引け 反発、米討論会終了で安心感 売買代金2兆円割れ継続

2020/10/23 15:34
保存
共有
印刷
その他

23日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比42円32銭(0.18%)高の2万3516円59銭で終えた。米大統領選を巡って、民主党候補のバイデン前副大統領が勝利するとのシナリオに変更はないとの安心感から、買いが優勢だった。もっとも、来週から本格的に始まる国内企業決算発表や11月3日の米大統領選の投開票を前に、持ち高を一方向に傾ける動きは乏しく上値は重かった。

日本時間のきょう午前10時ごろから始まった米大統領選の第2回討論会で、一部では前回のような大混乱も警戒されていた。ある国内証券のストラテジストは「バイデン氏優勢の現在のシナリオが覆るような内容はなかった」と指摘する。現時点で市場が描くシナリオを変更することなく、イベントを無風通過した安心感から日経平均は午後に一時100円超上げた。

米国での追加経済対策を巡って、与野党協議が近くまとまるとの期待も相場を支えた。もっとも、22日に決算を発表した米半導体大手のインテルの時間外取引での急落で、東エレクアドテストスクリンなど半導体関連株に売りが出て上値を抑えた。日立が株式の一部を売却するとの報道が出た日立建機が午後に急落した。日立建機の日経平均へのマイナス寄与度は1銘柄で約22円だった。

東証1部の売買代金は1兆9159億円と、10日連続で2兆円割れとなった。10日連続での2兆円割れは2019年8月以来。売買は引き続き低調で、投資家の様子見ムードは強かった。

JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比58.48ポイント(0.40%)高の1万4629.76だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、同5.53ポイント(0.34%)高の1625.32で終えた。

東証1部の売買高は9億6767万株。東証1部の値上がり銘柄数は約5割の1096、値下がりは989、変わらずは95だった。

個別では第一生命HDT&Dなど保険が上げたほか、ブリヂストン浜ゴムなどゴム製品が高かった。三菱重も買われた。一方、ZHDサイバー日ハムが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム