時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,156,385億円
  • 東証2部 68,351億円
  • ジャスダック 89,987億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.30倍14.13倍
株式益回り6.98%7.07%
配当利回り2.02% 2.03%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,044.45 +83.74
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,870 +70

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「日銀の金融政策を解説」[映像あり]

ソニーフィナンシャルホールディングス 菅野 雅明

9月19日(木)14:09

FOMCを読む[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

[PR]

国内株概況

東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 TOPIXは1年1カ月ぶり低水準

2018/10/23 15:40
保存
共有
印刷
その他

23日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落した。前日比604円04銭(2.67%)安の2万2010円78銭で終え、8月13日以来およそ2カ月ぶりの安値を付けた。主要企業の決算発表が本格化するのを前に買いを見送る投資家が多いなか、米ダウ工業株30種平均の下げが嫌気され、日本株には売りが先行。中国・上海などアジア市場が全面安となると、大引けにかけて海外短期筋による株価指数先物への売りが加速し、日経平均は取引時間中としては約2カ月ぶりに節目の2万2000円を下回る場面もあった。

中国政府が表明した景気対策強化や民間企業支援の方針を受けて、前日に急伸していた中国・上海総合指数が23日は大きく下げ、景気減速への懸念が改めて意識された。上海株につれ、韓国や台湾などアジア各国・地域の主要な株価指数が軒並み下落した。東京市場ではソフトバンクなどの値がさ株に加え、東エレクなど電気機器株の下げが目立った。

オプション価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は26.15と前日から4.35ポイント(19.95%)上昇した。発表が本格化する国内主要企業の2018年4~9月期決算を見極めたいとする投資家が多いなか、相場の変動率上昇への警戒も押し目買いを鈍らせて相場下落に拍車を掛けた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5724億円、売買高は14億528万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は2015と全体の9割を占めた。値上がりは79、変わらずは14銘柄だった。

東証株価指数(TOPIX)も大きく反落し、終値は前日比44.59ポイント(2.63%)安の1650.72だった。3月23日の年初来安値を下回り、昨年9月15日以来およそ1年1カ月ぶりの安値水準となった。JPX日経インデックス400も反落。終値は前日比404.30ポイント(2.69%)安の1万4618.24と、年初来安値を下回った。

テルモKDDIが安い。今期業績見通しの下方修正を発表したLIXILグが急落した。一方、カシオキリンHDは小幅高となった。LIFULL大陽日酸も上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム