東証大引け、大幅反発 2カ月ぶり高値 欧州の金融緩和観測で

2015/10/23付
保存
共有
印刷
その他

23日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。前日比389円43銭(2.11%)高の1万8825円30銭で終えた。8月31日以来、約2カ月ぶりの高値水準。欧州中央銀行(ECB)が近く追加の金融緩和に踏み切るとの見方が強まり、投資家の運用リスクを取る動きが強まった。外国為替市場で円安・ドル高が進み、輸出関連銘柄の上昇につながった。

ECBのドラギ総裁が22日の定例理事会後の記者会見で12月会…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]