/

東証大引け 続落 朝鮮半島情勢や円高警戒

23日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。終値は前日比270円60銭(1.18%)安の2万2689円74銭だった。トランプ米大統領が6月に予定する米朝首脳会談の開催延期を示唆し、北朝鮮情勢が懸念された。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台前半まで上昇したのも嫌気され、海外ヘッジファンドから株価指数先物に売りが膨らんだ。

日経平均の下落幅は3月28日(286円)以来の大きさだった。21日に2万3000円台を回復したものの、その後は上値が重く、「上昇基調に歯止めがかかったと判断した商品投資顧問(CTA)から利益確定売りが出た」という。短期的な下値支持水準とみられていた5日移動平均(22日時点で2万2889円)を割り込むと、売りの勢いが増した。

JPX日経インデックス400は3日続落した。終値は前日比119.07ポイント(0.74%)安の1万5866.18だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続落し、12.26ポイント(0.68%)安の1797.31で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5421億円。売買高は14億8761万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1182、値上がりは800、変わらずは101銘柄だった。

裁定取引に絡む売りでファストリソフトバンクなど値がさ株が下げた。証券会社が投資判断を引き下げた日精工が売られた。ガイシ国際石開帝石も安い。一方、中国政府が輸入車の関税引き下げを発表しSUBARUが上昇。リクルート鹿島IHIも上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン