/

東証大引け、6日続伸 利益確定売りも一巡後に先物買い

13日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸した。前日比95円49銭(0.5%)高の1万9250円52銭で取引を終え、4営業日連続で年初来高値を更新した。水準は2015年12月17日以来の高さだった。円が1ドル=115円台前半で伸び悩むと、歩調を合わせて買いが入った。朝方は利益を確定する売りが先行したものの、売りは次第に一巡し、その後は株価指数先物の買いにあわせて主力株の一角にも買いが入り、上昇に転じた。ファストリは大引け間際に上昇した。

朝方は、一時は1ドル=114円台後半まで進んだ円高・ドル安をきっかけにした利益確定の売りが優勢だった。日経平均が前日に約1年ぶりとなる1万9000円台を回復していた反動で、目先の利益を確定する売りが先行した。

相場の上昇を支えたのは「情報・通信業」など内需ディフェンシブ業種だ。業種別TOPIXで上昇率2位となった「医薬品」は年初から直近の下落率が15%を超える出遅れセクターだ。足元で過熱感の高まった割安銘柄を売り、内需を買う循環物色が指摘された。半面、「その他製品」や割安と位置づけられる「保険業」「証券業」は下げた。

JPX日経インデックス400は6日続伸した。終値は前日比73.73ポイント(0.54%)高の1万3786.49だった。東証株価指数(TOPIX)は6日続伸し、8.82ポイント(0.58%)高の1540.25で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆8389億円だった。売買高は23億1300万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1395、値下がりは493、変わらずは110銘柄だった。

KDDINTTNTTドコモなど通信株が堅調だった。半面三菱UFJなどメガバンクは軟調だった。ベルギーのビール大手から事業買収で大筋合意が伝わったアサヒは午後に大幅に下げた。

東証2部株価指数は7日続伸した。シャープ黒田精が下げた半面、アートSHDフライトHDが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン