2018年10月19日(金)

10/19 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,420,343億円
  • 東証2部 90,042億円
  • ジャスダック 100,638億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率14.25倍14.48倍
株式益回り7.01%6.90%
配当利回り1.72% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,411.33 -246.83
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,460 -130

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

10月18日(木)14:18

インドネシアが東南ア最大級の新空港 旅客収容1億人[映像あり]

人民元が1年9ヵ月ぶり安値 「操作国」指定見送り

10月18日(木)13:03

[PR]

国内株概況

東証大引け 3日続伸 88円高 円安で、重要日程控え様子見

2018/6/13 15:24
保存
共有
印刷
その他

13日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比88円03銭(0.38%)高の2万2966円38銭だった。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半と、前日に比べ円安・ドル高水準で推移したことが好感され、トヨタなど自動車株を中心に買いが優勢だった。もっとも、週後半にかけて国内外で重要な経済イベントが相次ぐため、内容を見極めたいとして終始、様子見ムードが強かった。

日経平均は一時、上げ幅が100円を超える場面もあったが、心理的な節目の2万3000円に接近すると利益確定売りが出やすくなった。

業績が景気動向に左右されづらいディフェンシブ(防御的)銘柄や、内需株を物色する動きも続いた。マルハニチロ伊藤園など食料品セクターのほか、JR東海南海電などの鉄道セクターで年初来高値を更新する銘柄が目立った。

東証株価指数(TOPIX)も3日続伸した。前日比7.55ポイント(0.42%)高の1800.37で終えた。JPX日経インデックス400も3日続伸。終値は同76.04ポイント(0.48%)高の1万5924.62だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆2489億円。売買高は11億9857万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1286、値下がりは703、変わらずは100銘柄だった。

ソフトバンク東海カが高い。JTも上げた。一方、任天堂SUMCOファストリが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム