2018年6月23日(土)

6/23 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: 日産・三菱自「完全子会社化ない」 ゴーン氏[有料会員限定]
  5. 5位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,579,780億円
  • 東証2部 100,669億円
  • ジャスダック 109,121億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.64倍15.06倍
株式益回り6.83%6.63%
配当利回り1.61% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

国内株概況

東証大引け 3日続伸 88円高 円安で、重要日程控え様子見

2018/6/13 15:24
保存
共有
印刷
その他

 13日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比88円03銭(0.38%)高の2万2966円38銭だった。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半と、前日に比べ円安・ドル高水準で推移したことが好感され、トヨタなど自動車株を中心に買いが優勢だった。もっとも、週後半にかけて国内外で重要な経済イベントが相次ぐため、内容を見極めたいとして終始、様子見ムードが強かった。

 日経平均は一時、上げ幅が100円を超える場面もあったが、心理的な節目の2万3000円に接近すると利益確定売りが出やすくなった。

 業績が景気動向に左右されづらいディフェンシブ(防御的)銘柄や、内需株を物色する動きも続いた。マルハニチロ伊藤園など食料品セクターのほか、JR東海南海電などの鉄道セクターで年初来高値を更新する銘柄が目立った。

 東証株価指数(TOPIX)も3日続伸した。前日比7.55ポイント(0.42%)高の1800.37で終えた。JPX日経インデックス400も3日続伸。終値は同76.04ポイント(0.48%)高の1万5924.62だった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆2489億円。売買高は11億9857万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1286、値下がりは703、変わらずは100銘柄だった。

 ソフトバンク東海カが高い。JTも上げた。一方、任天堂SUMCOファストリが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

相場と投資を読み解く

14日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

新着記事一覧

読まれたコラム