2018年12月14日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,835億円
  • 東証2部 79,593億円
  • ジャスダック 91,592億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.53倍13.64倍
株式益回り7.38%7.32%
配当利回り1.81% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,816.19 +213.44
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,780 +180

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

国内株概況

東証大引け 4日続伸、円高一服で 輸出関連株に見直し買い

2018/3/13 15:32
保存
共有
印刷
その他

13日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。終値は前日比144円07銭(0.66%)高の2万1968円10銭で、同日の高値で終えた。午後に入り外国為替市場で円相場が対ドルで下落し、企業業績の重荷となる円高への懸念が後退した。自動車など輸出関連株に見直し買いが入った。株価指数先物の上昇に伴い、東エレク安川電など値がさ株に裁定取引の買いが入った。

12日の米国株式市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が最高値を更新し、東京株式市場でも半導体製造装置の東エレクやスクリンなどに買いが入った。朝方は前日の米ダウ工業株30種平均の下げを嫌気した売りが優勢となったが、午後の円安を受けて徐々に盛り返した。

JPX日経インデックス400は4日続伸した。終値は前日比82.85ポイント(0.54%)高の1万5488.55だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、9.73ポイント(0.56%)高の1751.03で終えた。

売買を手控える投資家は多く、東証1部の売買代金は概算で2兆3364億円と低調だった。2月の米消費者物価指数(CPI)の発表を13日に控え、内容を見極めたいと考える投資家の様子見姿勢が強まった。

東証1部の売買高は12億2152万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1579と、全体の約76%を占めた。値下がりは419、変わらずは71銘柄だった。

関西電中部電が上昇し、小野薬大塚HDも上げた。ニトリHDは上場来高値を更新した。半面、JXTGや住友鉱は下落した。住友商三井物など商社株も安かった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム