時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,641,857億円
  • 東証2部 78,340億円
  • ジャスダック 102,238億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.43倍16.31倍
株式益回り6.47%6.12%
配当利回り1.86% 1.86%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,858.03 -225.48
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,850 -230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 大幅続落、436円安 低調な米指標など嫌気、輸出株に売り

2019/10/3 15:37
保存
共有
印刷
その他

3日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、前日比436円87銭(2.01%)安の2万1341円74銭と9月9日以来、およそ3週間ぶりの安値で終えた。低調な米経済指標や、世界貿易機関(WTO)が米国による欧州連合(EU)への報復関税を承認したことを受け投資家心理が悪化。世界経済の減速が一段と進むとの警戒感から、運用リスクを回避する目的の売りが優勢だった。業種では自動車など輸出関連株の下げが目立った。

外国為替市場で円相場が一時1ドル=106円台まで円高・ドル安が進行したことを受け、日経平均株価は朝方に下げ幅を500円超に広げた。ただ、その後は円高進行が一服したほか、日本時間夜に米サプライマネジメント協会(ISM)の9月の非製造業景況感指数発表があるため、結果を見極めたいとの思惑から安値圏での小動きが続いた。

日経平均株価を対象としたオプションの価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は一時19.31と、取引時間中としては8月29日以来、約1カ月ぶりの水準まで上昇した。市場からは「変動率を参照して自動的に資産配分を決める『リスク・パリティ戦略』を取るファンドの売りが出たことも下落の一因となった」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との声があった。

JPX日経インデックス400は続落。終値は前日比235.31ポイント(1.65%)安の1万4027.62だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、27.42ポイント(1.72%)安の1568.87で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆704億円。売買高は12億2381万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1963と、全体の約9割を占めた。値上がりは159、変わらずは29だった。

京セラファナックダイキンが売られた。トヨタスズキソフトバンクグループ(SBG)も安い。一方、ディーエヌエNECが上昇した。LINEは大幅高。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム