2019年8月18日(日)

8/18 20:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,418.81 +13.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,390 +10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

8月16日(金)14:20

ユニゾ SBG系ファンドがTOB報道「きょう取締役会」[映像あり]

英領ジブラルタル当局 拿捕のイランタンカーを解放

8月16日(金)13:03

[PR]

国内株概況

東証大引け 小幅続伸、半導体に買い 銀行や医薬品が下落

2019/3/22 15:21
保存
共有
印刷
その他

22日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、大引けは前営業日比18円42銭(0.09%)高の2万1627円34銭だった。21日の米株式市場でハイテク株が上昇した流れを受け、半導体関連株が買われた。一方、日米金利差が縮小するとの思惑から円高・ドル安に振れたことは重荷となり、前営業日比で下げて推移する場面も多かった。

米連邦準備理事会(FRB)が20日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内利上げを見送る方針を示した。米長期金利の低下を手掛かりに、21日の米市場ではPER(株価収益率)が高いハイテク株やIT(情報技術)株が買われた。22日の東京市場でも東エレクアドテストなどに買いが波及し、日経平均の支えになった。

一方、治療薬候補の治験中止を発表したエーザイが制限値幅の下限(ストップ安)まで下落し、相場全体の重荷になった。長期金利の指標となる10年物国債利回りが約2年4カ月ぶりの低水準を付けたことで、運用環境の厳しさが改めて意識された銀行株にも売りが出た。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が長引くとの懸念も積極的な買いを見送らせた。

JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前営業日比21.51ポイント(0.15%)高の1万4386.48だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、2.72ポイント(0.17%)高の1617.11で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆6254億円、売買高は13億6559万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1392、値下がりは653、変わらずは95だった。

日立やスズキソフトバンクGが上昇した。キーエンスオリックス日電産も上昇した。一方、エーザイの下落による連想売りでアステラス大塚HD第一三共など医薬品株全体の下げが目立った。ソニーや第一生命、T&Dが昨年来安値を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。