/

東証大引け 小幅続伸、半導体に買い 銀行や医薬品が下落

22日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、大引けは前営業日比18円42銭(0.09%)高の2万1627円34銭だった。21日の米株式市場でハイテク株が上昇した流れを受け、半導体関連株が買われた。一方、日米金利差が縮小するとの思惑から円高・ドル安に振れたことは重荷となり、前営業日比で下げて推移する場面も多かった。

米連邦準備理事会(FRB)が20日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内利上げを見送る方針を示した。米長期金利の低下を手掛かりに、21日の米市場ではPER(株価収益率)が高いハイテク株やIT(情報技術)株が買われた。22日の東京市場でも東エレクアドテストなどに買いが波及し、日経平均の支えになった。

一方、治療薬候補の治験中止を発表したエーザイが制限値幅の下限(ストップ安)まで下落し、相場全体の重荷になった。長期金利の指標となる10年物国債利回りが約2年4カ月ぶりの低水準を付けたことで、運用環境の厳しさが改めて意識された銀行株にも売りが出た。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が長引くとの懸念も積極的な買いを見送らせた。

JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前営業日比21.51ポイント(0.15%)高の1万4386.48だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、2.72ポイント(0.17%)高の1617.11で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆6254億円、売買高は13億6559万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1392、値下がりは653、変わらずは95だった。

日立やスズキソフトバンクGが上昇した。キーエンスオリックス日電産も上昇した。一方、エーザイの下落による連想売りでアステラス大塚HD第一三共など医薬品株全体の下げが目立った。ソニーや第一生命、T&Dが昨年来安値を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン