/

東証大引け 続伸、自動車など輸出関連に買い 円安が後押し

22日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比142円82銭(0.64%)高の2万2362円55銭で終えた。前日の米株式相場の上昇や外国為替市場での円安・ドル高基調を支えに、自動車など輸出関連株を中心に買いが優勢だった。

21日の米ダウ工業株30種平均が約6カ月半ぶりの高値を付けたほか、米S&P500種株価指数が過去最高値圏まで上げ、投資心理の改善を映した買いが先行した。米半導体株の上昇を手掛かりに、東エレクなど関連株への物色も目立った。

米中両政府は22日からワシントンで貿易問題を巡る事務レベルの協議を開く。22日の中国・上海株式相場は底堅く推移しており、米中貿易摩擦の激化懸念がひとまず和らいだとして、コマツなど中国関連とされる機械株も買われた。

朝方の日経平均は小幅に下げる場面もあった。トランプ米大統領の元個人弁護士が選挙資金法違反などの罪を認めたうえでトランプ氏の関与を明言し、米政治情勢の不透明感を嫌気した売りが出た。もっとも、米株価指数先物が底堅く推移したため売りは続かず、午後は円安進行に歩調を合わせて日経平均は上げ幅を170円まで拡大した。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反発した。終値は前日比101.73ポイント(0.68%)高の1万5043.97だった。東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反発し、12.95ポイント(0.77%)高の1698.37で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9848億円で、4営業日連続で2兆円を下回った。4日連続の2兆円割れは2017年12月25~29日(5日連続)以来。売買高は11億2133万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1564と、全体の約7割を占めた。値下がりは475、変わらずは65だった。

トヨタスズキホンダが高い。新日鉄住金など鉄鋼株も買われた。一方、ファストリKDDIが下落。ヤマトHDエーザイの下げも目立った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン