2019年5月26日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,887,464億円
  • 東証2部 71,850億円
  • ジャスダック 86,058億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.79倍13.36倍
株式益回り7.24%7.48%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 続伸、連日高値 自動車が上昇、利益確定売りで下げる場面も

2018/10/2 15:39
保存
共有
印刷
その他

2日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら3日続伸した。前日比24円86銭(0.10%)高の2万4270円62銭で終え、連日で1991年11月13日以来およそ27年ぶりの高値を付けた。外国為替市場での円安・ドル高基調や米通商問題への懸念が後退したとの見方から、自動車や非鉄など相場全体に対して出遅れているとの見方が多い銘柄に買いが入った。

前日比24円高い2万4270円で取引を終えた日経平均株価(2日午後、東京都中央区)

前日比24円高い2万4270円で取引を終えた日経平均株価(2日午後、東京都中央区)

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の妥結を受け、1日の米ダウ工業株30種平均が大きく上昇したことも好感されて日経平均は午前に上げ幅を200円あまりに広げたが、次第に上値が重くなった。このところの急ピッチな上げで、海外短期筋による利益確定売りが増えた。「個人などの買いも限定的でヘッジファンドの動向に左右されやすい地合いだった」(岡三証券の小川佳紀・日本株式戦略グループ長)といい、日経平均は下げに転じる場面もあった。

安倍晋三首相が麻生太郎副総理・財務・金融相など主要閣僚を留任させたこともあり、2日の内閣改造や自民党役員人事に対する株式相場の反応は限られた。

JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前日比57.83ポイント(0.36%)高の1万6164.66だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸し、6.07ポイント(0.33%)高の1824.03で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆653億円、売買高は14億7398万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1061、値下がりは957、変わらずは92銘柄だった。

ノーベル生理学・医学賞の受賞決定を巡る思惑から小野薬が買われた。原油高が好感され、出光興産昭和シェルなど石油関連株が上昇。ファナックテルモが高い。一方、ソフトバンクファストリなど値がさ株の一部は安い。リクルートのほか、東エレクアドテストなど半導体関連銘柄が下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム