2018年7月17日(火)

7/17 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ3日続伸で44ドル高 銀行株高い、ボーイングも指数押し上げ
  2. 2位: エーザイ、株高導く「1兆円」新薬の潜在力[有料会員限定]
  3. 3位: NY商品、原油が反落 ロシアが増産の観測、イラン制裁緩和の思惑も広がる
  4. 4位: 日本製紙、生産削減も下げ止まらぬ株価[有料会員限定]
  5. 5位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,516,053億円
  • 東証2部 98,545億円
  • ジャスダック 104,440億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率14.47倍14.93倍
株式益回り6.90%6.69%
配当利回り1.67% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) -- --
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 2万円回復、1年9カ月ぶり高値 米株高と円安支え

2017/6/2 15:42
保存
共有
印刷
その他

 2日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前日比317円25銭(1.60%)高の2万0177円28銭。2015年8月19日以来、約1年9カ月ぶりの高値だった。良好な米経済指標を受けた米株高や円安を背景に投資家心理が改善した。運用リスクを積極的に取る先物買いが入り、値がさ株の上げが目立った。日経平均の2万円台回復は15年12月1日以来ほぼ1年半ぶりとなる。

 2万円近くで根強かった戻り待ちの利益確定売りが一巡した。取引時間中に心理的な節目となる2万円を超えた後も上げ幅を拡大したため、信用取引などで売っていた投資家の買い戻しが広がった。鉄鋼や証券といった景気敏感株の上昇が目立った。

 JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前日比242.74ポイント(1.72%)高の1万4385.56だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、26.06ポイント(1.64%)高の1612.20で終えた。JPX日経インデックス400とTOPIXはそれぞれ15年8月20日以来、1年9カ月ぶりの高値を付けた。

 東証1部の売買代金は概算で3兆2232億円で、売買高は23億1512万株だった。それぞれ5月8日以来ほぼ1カ月ぶりの大きさだった。

 東証1部の値上がり銘柄数は1509と、全体の75%近くを占めた。値下がりは420、変わらずは88だった。

 米金融株高を受けて、メガバンクの三菱UFJ、証券の野村大和が大幅高となった。ソニーキヤノンは年初来高値を更新した。新日鉄住金JFEが上昇し、SUBARU村田製が上げた。一方、食料品のキリンHDアサヒは下落した。NTTNTTドコモ塩野義が下げた。

 東証2部株価指数も小幅に続伸し、4月3日以来2カ月ぶりに6000の大台を回復した。ラオックスMCJ象印が上げ、ウェーブHDやアルデプロは下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム