/

東証大引け、続伸 米株高や円安を好感し1カ月ぶり高値

2日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸した。前日比661円04銭(4.11%)高の1万6746円55銭で終えた。2月8日以来、約1カ月ぶりの高値をつけた。前日の米株高や原油先物価格に下げ止まりが見られ投資家心理が改善した。外国為替市場で円相場が対ドルで円安方向に振れ、輸出採算の悪化懸念が和らいだ。主力銘柄を中心に幅広い銘柄に買いが入りほぼ全面高だった。

1日の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に反発し2カ月ぶりの高値をつけた。2月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が市場予想を上回り、1月の建設支出も高い伸びとなった。堅調な米景気を確認して東京株式市場でも運用リスクを取る動きが強まった。

円相場は1ドル=114円近辺まで下落した。トヨタが6営業日ぶりに反発するなど輸出株が上昇した。4日に発表される2月の米雇用統計、5日から開催される全国人民代表大会(全人代)という市場参加者が注視する重要日程を控え、為替相場の円高一服が売り方の買い戻しを誘った。

取引時間中に米大統領選の序盤の山場となるスーパーチューズデーの結果が判明した。民主党のヒラリー・クリントン前国務長官、共和党の不動産王ドナルド・トランプ氏が指名獲得に前進したと伝わったが、材料視する向きは限られた。

JPX日経インデックス400も続伸した。終値は前日比465.68ポイント(3.95%)高の1万2251.01だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、48.78ポイント(3.75%)高の1349.61で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5934億円だった。売買高は24億8977万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1824と全体の94%を占めた。値下がりは82、変わらずは36銘柄だった。

主力のファストリファナックが上昇した。自動車のマツダ富士重も上げた。三菱UFJ野村など金融株の上昇も目立った。鉄鋼の新日鉄住金JFEも上げた。一方、バンナムHDタカラトミーが下落した。日本通信さくらネットが下げた。熊谷組も下落した。

東証2部株価指数は反発した。サイバーコムラオックスが上げた。一方、アートSHDRVHが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン