/

東証大引け、反落 米株安で利益確定売り、円高止まり重荷に

12日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前日比184円76銭(1.09%)安の1万6840円ちょうどで終えた。11日の米株安を受けて投資家の心理が悪化した。前日に大台の1万7000円台を回復していたために利益確定の売りが優勢だった。ソフトバンクKDDIが売られた。日銀上場投資信託(ETF)買いへの思惑で下げ渋る場面があったが、円相場が1ドル=103円台半ばで高止まりしたため、押し目買いも入りにくかった。

30年物国債など超長期金利の低下を受けて第一生命HDはじり安基調をたどった。業績が底堅いゼネコン株が買われる場面があったが、買いの勢いは続かなかった。

指数寄与度の高いファストリは底堅かった。13日夕に控える2016年8月決算が堅調な内容になるとの期待感が株価を支えた。

JPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比125.21ポイント(1.03%)安の1万2019.44だった。東証株価指数(TOPIX)は反落し、14.00ポイント(1.03%)安の1342.35で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆8761億円だった。売買高は17億1562万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1562と全体の78.6%を占めた。値上がりは326、変わらずは96銘柄だった。

TDK東エレクが軟調だった。前日に17年2月期業績予想を示したユニファミマも下げた。三菱UFJ三井住友FGみずほFGは売られた。トヨタなど自動車株も大引けにかけて売りが優勢だった。半面、ファナックは堅調だった。小野薬東芝も小幅高で引けた。

きょう東証1部に新規上場したKHネオケムは公募・売り出し価格を74円下回る1306円で初値を付け、大引けは1250円だった。

東証2部株価指数は反落した。東邦金朝日インテクが下げた。半面、安川情報が上げた。マグネシウム関連の思惑から神島化も高かった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン