東証大引け、大幅反発 1万5195円 海外株高を好感、先物買い

2014/10/22付
保存
共有
印刷
その他

22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。終値は前日比391円49銭(2.64%)高い1万5195円77銭で、ほぼ高値引けだった。前日に欧米の主要株価指数が軒並み上昇したことや円相場が円安・ドル高方向に振れたことで投資家心理が改善。トヨタマツダといった主力の輸出関連株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。

朝方前日比で300円超まで上昇した後、当面の利益を確定する目的の売りが出て、いったん上げ幅を縮小した。大引けにかけては日経平均先物12月物に断続的に買いが入り、日経平均は1万5200円に迫った。市場では「欧州など世界景気の先行き不透明感は完全に払拭されたわけではなく、引き続き荒い値動きが続きそう」(楽天証券経済研究所の土信田雅之シニアマーケットアナリスト)との声が聞かれた。

JPX日経インデックス400は反発した。前日比280.91ポイント(2.56%)高の1万1249.65だった。東証株価指数(TOPIX)も反発。前日比31.05ポイント(2.58%)高の1236.41だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆805億円。売買高は21億3204万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の95%にあたる1742、値下がり銘柄数は73、変わらずは18だった。業種別TOPIXは全33業種で上昇し、海運や建設などの伸び率が目立った。

ソフトバンクKDDIファナックが上昇した。富士フイルムリクルートJTが高い。キヤノン村田製日電産が買われた。半面、日本ペHDニコンが売られた。

東証2部株価指数は反発だった。ソディック田淵電Oakが上げた。半面、アゼアスイトヨーギョJトラストが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]