9/28 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: キオクシア、上場延期へ 米のファーウェイ規制影響[有料会員限定]
  2. 2位: まぐまぐ、サブスクで上場 脱メルマガ広告で再建[有料会員限定]
  3. 3位: 大還元後のマクセルHD、ROE改善のカギは回転率[有料会員限定]
  4. 4位: 株高、債券売りが呼び水 日本 首相交代で資金流入[有料会員限定]
  5. 5位: 市場で浮上する「民主党完勝」への期待(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

国内株概況

東証大引け 反落、利益確定売り 連休前で売買低調

2020/7/22 15:18
保存
共有
印刷
その他

22日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、終値は前日比132円61銭(0.58%)安の2万2751円61銭だった。日本の4連休を前に医薬品株など直近で上昇が目立った銘柄に利益確定目的の売りが優勢だった。日本時間午後のシカゴ市場で米株価指数先物が上げ幅を縮めると、散発的な売りが出た。取引参加者は少なく商いは低調だった。

前日の米株式市場でハイテク株が軟調だった流れを引き継ぎ、半導体関連などに売りが波及した。米国で検討されている追加経済対策の成立に時間がかかるとの見方から、買い控えの雰囲気が強まった。東京都の小池百合子知事が22日の新型コロナウイルスの新規感染者が238人だったと述べた。都内の感染者は累計1万人超となり、感染拡大が続いていることも相場の重荷だった。

日本の4連休中には半導体のインテルなど米注目企業が決算発表を予定している。米企業決算次第で連休明け後の相場の方向性が変わる可能性があるとして、取引を見送る投資家が多かった。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反落し、終値は前日比79.31ポイント(0.56%)安の1万4186.88だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反落し、9.78ポイント(0.62%)安の1572.96で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆8880億円と節目の2兆円を下回った。売買高は10億8527万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1634、値上がりは473、変わらずは65だった。

第一三共テルモセコムの下げが目立った。JR東海花王資生堂が下げた。一方、2020年4~6月期の連結決算で営業利益が市場予想を上回った日電産が大幅高となり、大商いとなった。国際石開帝石信越化パナソニックが上昇した。富士通ゼエムスリー、信越化が上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム