2018年9月19日(水)

9/19 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ヤフー、米アルタバからの卒業で広がる投資家の目[有料会員限定]
  2. 2位: 米株、脱「貿易戦争」は本物か[有料会員限定]
  3. 3位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  4. 4位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  5. 5位: 東証寄り付き 続伸、一時300円超上昇 米株高が後押し
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,738.98 +318.44
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,670 +390

[PR]

国内株概況

東証大引け 小反発、上海株高を好感 ファストリが高い

2018/8/21 15:32
保存
共有
印刷
その他

 21日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発した。終値は前日比20円73銭(0.09%)高の2万2219円73銭だった。朝方は円高・ドル安の進行を嫌気した売りが先行したが、21日の中国・上海総合指数の堅調な推移を受けて投資家心理が改善。午後に円高が一服したことも好感され、買い戻しが優勢となった。日経平均は上昇幅が100円を超える場面もあった。

 東京市場の昼休み中に中国・上海総合指数が上げ幅を拡大したほか、円相場も1ドル=110円台前半に伸び悩み、投資家心理の悪化に歯止めをかけた。海外ヘッジファンドなどが株価指数先物を買い戻し、ファストリなど値がさ株に裁定取引に絡む買いが入った。ファストリだけで、21日の日経平均を40円あまり押し上げた。

 日経平均は午前に下げ幅が150円に迫る場面があった。トランプ米大統領が米国の利上げに不満を表明したと伝わり、1ドル=109円台後半まで円高・ドル安が進行。自動車など輸出関連株の一角に採算悪化を嫌気した売りが先行した。

 東証1部の売買代金は概算で1兆9210億円と引き続き低水準だった。売買高は10億6753万株。東証1部の値上がり銘柄数は563、値下がりは1455、変わらずは85だった。

 東証株価指数(TOPIX)は小幅続落した。前日比6.73ポイント(0.40%)安の1685.42で終えた。JPX日経インデックス400も続落。終値は前日比59.57ポイント(0.40%)安の1万4942.24だった。

 任天堂資生堂東海カが上げ、東エレクも高い。「中国関連銘柄」とされる安川電ファナックも買われた。一方、ソフトバンクKDDINTTドコモが安い。トヨタも下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム