/

東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準

21日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。前週末比72円01銭(0.31%)高の2万3002円37銭で終え、2月2日以来およそ3カ月半ぶりの高値を付けた。米中の貿易摩擦問題への懸念が後退したほか、円相場が約4カ月ぶりの円安・ドル高水準を付けたのが好感されて機械など輸出株が買われた。アジアの株高で投資家心理が強気に傾いたことも株価指数先物への買いを促し、相場全体を押し上げた。

米中両国は17~18日の貿易協議で米国の貿易赤字縮小に向け、中国が対米輸入を拡大することで合意した。ムニューシン米財務長官は具体策の協議中は追加関税の発動を見送る方針を示し、当面は米中の通商問題が世界経済に悪影響を与えないとの見方が広がった。東京市場では日立建機などの機械株に買いが先行した。

日経平均は前場中ごろから上げ幅を広げた。米株価指数先物が時間外で堅調に推移したほか、21日は香港や上海といったアジア株が総じて上昇した。外国為替市場では円が1ドル=111円台まで円安方向に振れ、東京市場では株価指数先物に海外勢を中心にした買いが入り現物株指数を押し上げた。

日経平均は節目の2万3000円を回復したものの、売買は低調だった。東証1部の売買代金は概算で2兆1284億円と、4月17日以来およそ1カ月ぶりの低水準にとどまった。

JPX日経インデックス400は小幅ながら3営業日ぶりに反落した。終値は前週末比12.34ポイント(0.08%)安の1万6014.89だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反落し、1.50ポイント(0.08%)安の1813.75で終えた。

東証1部の売買高は12億9359万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1068と、全体の5割を上回った。値下がりは933、変わらずは82銘柄だった。

ファストリファナックといった主力株が上昇した。新たな中期経営計画が前向きに評価されたTDKが上げた。前期決算が過去最高益となった富士フイルムも買われた。一方、前週末の米ハイテク株安が嫌気され、東エレクアドテストといった半導体関連株が下げた。米長期金利の上昇が一服し、SOMPO三菱UFJといった金融株の下げが目立った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン