2019年4月26日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,179,272億円
  • 東証2部 74,987億円
  • ジャスダック 90,924億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率13.61倍14.31倍
株式益回り7.34%6.98%
配当利回り1.87% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,162.96 -144.62
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,140 -210

[PR]

<お知らせ>市場の先を読むニューズレター「Beyond Markets」を創刊しました。登録は こちら

国内株概況

東証大引け 反発、上昇率3カ月ぶり大きさ 北朝鮮警戒が後退

2017/9/11 15:33
保存
共有
印刷
その他

週明け11日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前週末に比べ270円95銭(1.41%)高の1万9545円77銭で終えた。上昇率は6月2日(1.59%高)以来およそ3カ月ぶりの大きさ。北朝鮮が9日の建国記念日でミサイル発射など新たな挑発行為に出なかったため、地政学リスクへの警戒がひとまず後退。円相場が前週末の1ドル=107円台から108円台に下落したことも好感され、幅広い銘柄が買われた。

これまで地政学リスクを意識し、日経平均先物の売り持ち高を膨らませていた投資家が買い戻しに動き、現物株に裁定買いを誘った。日経平均の終値は長期トレンドを示す200日移動平均を再び上回った。

国連安全保障理事会は日本時間12日未明に北朝鮮に対する追加制裁決議案を採決する見通し。その後の北朝鮮の出方を見極めたいとの雰囲気もあり、売買は盛り上がりを欠いた。東証1部の売買代金は概算で1兆9899億円と活況の目安とされる2兆円に届かなかった。売買高は14億9864万株。東証1部の値上がり銘柄数は1617と全体の約8割を占めた。値下がりは331、変わらずは78銘柄だった。

JPX日経インデックス400は反発し、終値は168.95ポイント(1.20%)高の1万4286.81。東証株価指数(TOPIX)は反発し、18.72ポイント(1.17%)高の1612.26で終えた。

日電産ソニー村田製など主力の電機株が買われた。エーザイアステラス、武田が上昇した。キーエンス資生堂OLCは年初来高値を更新した。安永やWSCOPEなどリチウムイオン電池関連の物色も旺盛だった。

一方、日本郵政ヤマトHDに売りが出た。アサヒキリンHDも売られた。住友鉱国際石開帝石も安い。大東建ユニチャームも売られた。

東証2部株価指数は反発した。東芝シャープが上げ、リミックス黒谷が下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム